霊峰 鳥海山 山行記録

2019年7月14日(日)~15日(月・祝)

参加人数:17名

F号とレンタカー(10人乗り)の2台にて出発

<移動記録>

7/13(土)20時 武蔵浦和出発(F号と10人乗りレンタカーにて)途中、上河内・安達太良・国見(ガソリン補給)・月山湖にてドライバー交代

酒田みなとICで高速道路を降りて鉾立登山口に4時30分頃到着

7/14(日)登山開始5:20→14:30下山

下山後、あぽん西浜にて入浴、さかた海鮮市場にて買出しをして、隣接する駐車場にて夕食・懇親・テント泊

7/15(月)5時30分に宿泊地を出発

月山湖・国見・安達太良(ガソリン補給)・上河内(食事)・蓮田にてドライバー交代。

12時30分頃武蔵浦和に到着し解散

<行動記録>

7/14(日)鉾立登山口5:20→6:20賽の河原→7:40七五三掛→10:00御室→10:30鳥海山頂10:40→11:20御室→12:40七五三掛→13:30御浜小屋→14:30鉾立登山口

当初計画は、7/12(金)夜発、7/16(月)迄の「荒川岳・赤石岳」の山行であったが、天気が優れず7/8(月)には早々に目的地を変更を決断し、比較的雨の影響が少なそうな「鳥海山」に変更した。

直前の変更であったが、キャンセル者もなく、更に4名が追加で参加となり、総勢17名での山行となった。

行きの車中、深夜は土砂降りの雨。予報も雨に変更となり不安なムードが漂う。

500kmを超える移動の為、到着は早朝となり、到着後すぐに登山開始となった。

出発時は晴れ間も覗き、絶景を期待しつつの山行序盤となった。

登山道には、多くの種類の花々が咲き乱れ観賞と撮影でなかなか進まない。

御浜小屋を過ぎると、右手に鳥海湖が望めた。じきが少し遅く更に曇天であった為、ドラゴンアイは見られなく残念。

行者岳を過ぎた頃から天候が悪化、雨が降り出しレインウェアを着込むんでの登山となった。雪渓を渡り御室小屋到着時にはガスがかかり、視界が悪くなった。

小屋からは岩場が続き、約30分で山頂に到着する。

狭い山頂は17名のパーティーで超満員となってしまい、集合写真を撮り早々に下山する。10分足らずの山頂であったが、ほんの一瞬だけガスが晴れ、晴れ間と絶景が顔を出してくれた。

カメラを取り出す余裕もなく、ほんの一瞬ではあったがその見晴らしに満足できた。

下りは周回コースを辿り七五三掛で朝来たルートに合流し下山した。

鉾立が近づくにつれ天気が回復してきた。予定より早く14:30に無事下山した。

山頂付近では雨とガスになったが、長雨や強い雨に当たる事もなく、梅雨時期にしては恵まれた天候だったと言える。多くの種類の高山植物も生き生きと花を咲かせており、印象に残る山行となった。

K.T記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.