後立山連峰 朝日岳・雪倉岳

2019914日(土)~16(祝)

参加者:15

<行動記録>

9/13(金)武蔵浦和集合22:00→北陸道経由糸魚川インター→蓮華温泉(仮眠)4時

9/14(土)蓮華温泉600→花園三角点1006→朝日岳1400→朝日小屋1500

9/15(日)▲520→雪倉岳1000→三国境1030→小蓮華山1330白馬大池15:00→蓮華温泉17:40→車で大町経由薬師の湯20:15→→道の駅安曇野松川21:35▲

9/16(祝)▲6:00→新宿10:00    

記録

後立山の朝日岳・雪倉岳は白馬岳から始まり親不知に繋がる栂海街道の途中にある名峰である。

しかし山が深いので白馬岳の人気ほど登山者は多くない。まして交通の便がさほど良いとは言えない場所だけに静かな山旅を与えてくれる。夏は高山植物が咲き乱れる場所でもあり、女性登山者には好まれるルートでも有る。

蓮華温泉を通り、白馬大池の庭園を抜け白馬岳に向うルートがメインコースなのであろう。今回の初日コースは朝日岳経由で朝日小屋まで。

テント泊なので荷が重い上に寝不足も加わり、誰しも苦しむ登行が続く。天気が良かったので高山植物に癒されながら、縦走を楽しむ。 

蓮華温泉を抜けると暫く木道が続きだらだらと標高差200mを下る。兵馬の平の庭園を抜け、開放感を感じながら瀬戸川手前の立派な鉄橋を渡る。白馬後方の朝日岳方面が高く見える。

此処から2時間の急登が始まる。一気に高度を稼ぐ。快晴無風。暑いが湿気がない分救われる。花園三角点にスタートして4時間で到着する。低木に山は変化するが先はまだまだ長い。久しぶりの重荷での縦走。

15人にまだ遅れは出ない。久しぶりの計画山行を楽しんでいる感じである。登りは続き、途中水場があり救われる。新人Kの足に変調が出始める。女子会の重鎮Yも遅れだしFが付く。残り13名が朝日岳に先行。朝日岳に14時に到着し山頂から1時間下るとテント場である朝日小屋に到着。小屋の前がテント場である広い平な場所である。

日中の晴れ間が無くなり、ガスに包まれる。テント2張にツェルト1張に分れ食事を各々の女子会中心に夕食を準備し堪能する。この日は寝不足なので早めに就寝。 

翌日は快晴無風の中、3時に起床し明るくなった5時20分にテント場をスタートする。

全員体調が良く、雪倉岳に向う。朝日岳を巻いて右手に剣岳を遠望しながら、お花畑を楽しむ。この周辺は今回のハイライト第一幕である。木道が整備され歩きやすい。

正面に雪倉岳が見え始め、登りが始まる。朝日小屋から4時間40分掛けて雪倉岳山頂。視界が一気に開けて白馬岳そして独特の姿の旭岳が見える。天気が良いので全員が感動する。コースは下りに入り白馬岳に向って歩く。第2のハイライトである。

白馬岳が近くになりつつ、雲海の上に浮いて見える。今日は全員遅れることなく各々写真を撮りながらの稜線漫歩である。三国境に到着し、白馬方面と分れ小蓮華山に向う。

この辺りからガスが湧き出し景色が隠れだす。小蓮華山に到着すると登山者で混んでいる。白馬大池コースから登って来ている。こちらがメインルートであろう。更に下山し白馬大池に着き、蓮華温泉の分岐で大池と分れる。蓮華温泉に日没ギリギリで到着し荷物の片付けもそこそこにして車を移動させる。

車の燃料が乏しいので白馬駅の街に直行したがスタンドが閉まっており、ギリギリの燃料で大町に向い、どうにか補給できた。

次は温泉に入りたいので薬師の湯に向う。15分ほどで到着。受付締め切り15分前の20時15分でどうにか間に合った。着替えをして、今日の泊まり場で有る道の駅安曇野松川に30分で到着。遅い夕食の準備である。ビールで今回の秋山合宿の踏破を祝して親睦を行う。

新旧会員が協力しあって思い出の山行になった。翌日6時前に道の駅をスタートして、連休では有るが朝早いので渋滞無しに朝10時に新宿に着き解散となった。                   

記録 Y・F

 



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.