初秋の雨飾山

2019年9月28日(土)~29(日)

参加者:16名

<行動記録>

9/27(金)武蔵浦和23:00→北陸道経由糸魚川インター→雨飾高原駐車場5:30

9/28(土)駐車場6:20→雨飾山9:40→雨飾山荘13時(泊)

    (車回送組は山荘に13時30分到着)

9/29(日)雨飾山荘7:40→北陸道糸魚川インター経由→武蔵浦和13:40

記録

武蔵浦和を夜11時に出発し北陸道糸魚川インターを目指す。途中高速道路工事の為、通行止めにより一般道に回され、上越インターから再度に北陸道に乗る。

工事の関係で雨飾高原駐車場に予定より1時間遅く到着し、5時30分になる。明るくなっているので仮眠無しで登山準備をする。天候は高曇り。雨を覚悟していたので気分的にはホッとする。雨が降られない内に山頂に着けば幸運と考え、6時20分に出発する。

例年より暖かいのか、紅葉には少し早い。参加者の殆どが初めての雨飾山。久しぶりに計画山行に参加したメンバーがいて、皆大盛り上がりで楽しく登る。3時間20分で山頂に9時40分に到着した。

日本海の見える幸運である。雨飾りの語源でも有るように雨の神を祀って有るぐらいに雨が多い場所。日本海が目の前なので海風が山に当たり雲が出やすい地形なのであろう。全員幸運な天候に登れた。

20分ほど景色を堪能し、車を回送するFとKの2名がピストンで駐車場へ向かう為、10時山頂を後にする。残り13名が山頂から反対側の雨飾り山荘に向って10時10分下山開始する。ピストン組の2名は2時間で12時2分に駐車場に到着する。待機していたYと合流し車を回送する。

雨飾山荘へ直接向った縦走組の13人は急勾配の下降に山道が悪く難儀した様子。

雨飾山荘に13時に到着。回送組は30分遅れの13時30分に山荘に到着し合流した。大きな部屋を2つ用意してくれて男性女性に分かれた。温泉に先に入り汗を流し着替えて懇親会を2時半過ぎから大部屋で行う。

女子会の手料理と乾き物で大盛り上がり。6時の夕食まで山談議。7月の会員以外の個人山行に同行した女子会員の事故による夏の自粛が8月末で終わり、仲間達がそれぞれの個性を発揮して会員の親密感の深さを感じる和気あいあいの雰囲気。

夕食になり海の幸と山の幸に堪能し各々が、頚城山塊の雨飾山の懐に溺れていく静かな時の流れを感じる。露天風呂に入る人。先に眠る人。

夜の帳が下りて静寂な時間を取り戻し岳人達は深い眠りに落ちていった。

翌朝は夜中に降った雨も上がり曇り空。朝食6時30分にあわせて、朝風呂に入る人。女性陣は暗い早朝に露天風呂に入るなど、個々に山深い秘湯を味わう。

朝食を終えて、朝7時40分に一路武蔵浦和に向って車を走り出す。

朝の空いた高速道を走り、昼過ぎの13時40分に無事武蔵浦和に到着し、計画山行を終える。

 

                                      記録 Y・F



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.