秋の伊吹山(百名山・新花の百名山)

2019年11月16日(土)~17日(日)

参加者:15名

<行動記録>

11/15(金)新宿集合23:00→養老SA5:00(仮眠)

11/16(土)養老SA6:10→上平寺駐車場6:30→上平寺尾根登山口6:55→五合目9:30→伊吹山山頂10:35→下山開始11:20→五合目12:10→上平寺尾根登山口14:00→温泉(いぶき薬草の里)経由→道の駅柳津17:50

11/17(日)道の駅柳津5:40→新宿解散10:45

記録

前夜23:00に新宿を出発。約430kmを順調に走行し、途中1時間ほど仮眠をとり夜明けとともに登山口となる上平寺駐車場に到着。

駐車場から美しい日の出を拝む。朝食と準備を終え6:55に登山スタート。伊吹山と言えば上野ルートが一般的だが、上平寺尾根から伊吹山を目指す。それが正解。静かな落ち葉の登山道を紅葉を楽しみながら登る。

途中、谷を横切りトラバース気味に歩きにくい個所もあるが、道を確認しながら進み、約2時間半で上野ルートとの合流地点となる五合目に到着。

ここまでくると伊吹山の全容が姿を現し、あとは山頂を見ながら九十九折に登っていく。

お天気も良く、風もない中順調に進み、約1時間でヤマトタケルノミコトの銅像が待つ山頂に到着。独立峰らしく山頂は360度の大パノラマで琵琶湖はもちろん西には比良山系、南には鈴鹿山系を望むことが出来た。北側には白山も見えるはずだが今日は霞んでいて、その姿は見えず。

山頂では45分の大休止。食事をしたり、写真を撮ったり、散策したりと思い思いに過ごし、11:20に下山スタート。順調に下りアッという間に五合目付近に到着。上平寺ルートとの分岐が分かりづらく途中藪こきとなったが、約10分ほどで登山道に出て、その後は紅葉を楽しみながら下山。

下山後のお楽しみ、薬草の匂いが漂う温泉へ。女性陣はそこで地元の柿を購入。温泉にもゆっくり浸かり、温泉後ものんびりと時間を過ごしつつ早々と清算も済ませ、まだ16:30ということもあり、予定を変更して東へ移動し岐阜羽島に近い道の駅柳津へ移動。

暗くなった頃、到着し18:00には無事の登頂&下山を祝って乾杯。天ぷらうどんの温かい夕食を済ませ21:00前には就寝。

翌朝は4:00前に起床。チゲ雑炊&チョレギサラダの朝食を済ませ5:40に帰宅の途へ。本日も快晴で、渋滞に巻き込まれることもなく、東名からの富士山を堪能しつつ、10:30過ぎに新宿に到着。当初の予定より3時間以上早く解散となった。

 

                                           記録 M・S



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.