『蔵王 山行記録』

2月15日(土)~16日(日)

メンバー:13名

集合  :2月14日(金)22:00 武蔵浦和西口

<行動記録>

蔵王山頂駅9:20→9:50地蔵山→10:45熊野岳11:05→12:00刈田岳12:20→13:00熊野岳避難小屋→13:45蔵王山頂駅

□2/14(金)

レンタカー(10人乗り)とT号の2台に分乗して、武蔵浦和西口を22時に出発。浦和ICより高速に乗り、上河内SA、安達太良SAでドライバー交代。26時頃、南陽PAに到着。天気は雨。車内にて仮眠する。

□2/15(土)

6時20分に南陽PAを出発。月が煌々と輝き、快晴が期待できる。山形かみのやまICで高速を降り、蔵王ロープウエイ山麓駅に7時頃到着。朝食と出発準備をするが、快晴で気温が高く、素手で作業が出来た。

8時20分に始発のロープウエイに乗車し、山頂駅まで行くが、高度が上がるにつれ徐々にガスがかかりだし、山頂駅到着時はホワイトアウトで一気に気温も下がってきた。

9時20分に山頂駅からスタートするが、視界がほとんどなく取り付き点が分からない。GPSで方向を確認し何とかスタートする。

隊列の間隔を狭め、常に13名が離れずにまとまって歩くよう指示をする。先頭はSとSのツートップで、こまめに現在地と向かう方角を確認して進む。

地蔵山を過ぎると風がさらに強くなったが、痛く突き刺すような寒風ではなく、暖かい風だったのが救い。年始の赤岳を経験したメンバーにとっては、この強風は大した事は無いらしく、頼もしい限り。

相変わらずホワイトアウトが続くが、熊野岳手前で時折、太陽が現れるようになった。熊野岳ではガスが晴れ青空がのぞく。広く平らな山頂からは周囲の山々や青空、雪をかぶった鳥居等がハッキリと見渡せて感動した。

すぐに避難小屋に到着し、ここからは左手にお釜を覗きながら刈田岳へと向かう。しかし、ホワイトアウトと青空が交互に繰り返され、一瞬で変わる天気に一喜一憂する。ルートは狭い感覚で柱が立ち、目印となり迷うことはなかった。

刈田岳では、写真でよく見る雪の覆われた神社の前で小休止をして、ホワイトアウトの合間に時折除く絶景を楽しんだ。

天気は徐々に回復し、ロープウエイ山頂駅に到着時は晴れ間が広がっていた。今朝、視界のほとんど聞かない中で遠く感じた地蔵山から、山頂駅は目と鼻の先でどこを歩けばよいか?散々迷った取り付き点を、はっきりと確認し、ホワイトアウトの恐怖を思い知らされた。

前日、前々日の雨で、樹氷は流されてモンスターに会うことはできなかったが、ホワイトアウトの山行は、とても良い経験となったはずである。

下山後は、かみのやま温泉に向かい高級旅館の温泉に浸かり、貸切となった離れの一軒家で懇親の宴を行い、大いに盛り上がった。

□2/16(日)

5時起床、朝食後7時30分に宿を出発。かみのやま温泉から高速に乗り12時前に武蔵浦和に到着、解散する。

記録:T



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.