スノーモンスターに会えた西吾妻山

2020年2月22日(土)~23日(日)

参加者 16名

行動記録

2/21 武蔵浦和23時‐‐東北道・磐越道経由‐‐五百川PA▲仮眠AM2時(仮眠)

2/22 五百川PA▲AM6時‐猪苗代磐梯高原インター経由—AM6時45分グランデコスキー場AM8時15分‐-
AM8時30分ゴンドラ・リフトAM9時—第4リフト終点AM9時25分西大嶺AM10時30分—-PM12時10分
西吾妻山PM12時30分--PM2時30分駐車場—温泉経由――PM6時五百川PA▲

2/2 五百川PA▲AM4時—AM9時15分浦和

西吾妻山のスノーモンスターを見るための企画。3年前に一度実施したがホワイトアウトで山頂まで苦労した覚えが有る。西吾妻山の青い空のグラデーションにモンスター達が「よく来たねモンスターワールドの世界に」と魂の入った雪の妖精か声を掛けて来る憧れの夢があった。今年はどうであろうかと1週間前から天気図とニラメッコ。

2/21夜11時に武蔵浦和に16人が集合し2台の車で一路猪苗代に向う。

途中、仮眠のため磐越道五百川PAエリアで時間調整の為仮眠する。

2/22 朝6時過ぎにPAを出発し20分足らずで猪苗代磐梯高原インターを出る。チェーンを何処で着けるかと心配しながら、グランデコスキー場に向う。殆ど道路に雪が無く、もしかしたらチェーン無しで行けるかも感じながら、40分でスキー場が見えた。チェーン無しで来られた。早く着きすぎ、ゴンドラが動くまで2時間車で待機。寒くない。天

気高曇りで視界は良い。東京での予報は午後から雨予想である。山は雪予想だから午後までには山頂に着き折り返して来られると考えていた。低気圧が日本海に入っているので南風の為、前線が通過するまでは暖かいと予想した。案の定、気温はさほど寒く感じない。

8時30分のゴンドラ始発に合わせて準備し予定通り行動開始。スキー客に混じってゴンドラとリフトを乗り継ぎ、30分弱でリフト終点に着く。アイゼンやスノーシュー等の装備を装着し、地図とコンパスの使い方の指導受け9時25分にスタートする。森林帯の中、トレースが有るので苦労なく歩が進む。

30分の急登を終えると背景に磐梯山がよく見える。時折、青空が見え始める。もしかすると午前中は荒れないでモンスター達に会えるかも知れないと淡い期待を持ちながら登る。アイゼンがよく効き楽である。

1時間10分ほどで西大嶺の山頂に着く。西吾妻山が遠くによく見え、青空が時間と共に広がり予想外の展開になる。青い空に純白の雪面。遠くに雪のモンスターの妖精たちが手招きしている。

雪の妖精のメルヘンワールドに突入。西大嶺から西吾妻山の避難小屋まで1時間弱の下り。天候は真っ青の広がり、時間にも余裕があり、赤布を付けながら思い思い自然と対峙する。

モンスター達の世界に突入する。目の前の妖精は一つ一つに個性がある。留まって話しかけると、「3年前は残念だったね! 今年は山の神にお願いして晴れる様にしたから」と話し掛けてくる。

妖精達は「山を愛し、自然を愛し、友を愛している姿を見ているよ!」と話掛けて来る。こんな時間は贅沢すぎると自分に言い聞かせ、避難小屋に到着。

ここで行動食を摂り大休止とする。少し雲が出始めた。前線が近づいて来た感じである。10分ほどで山頂に到着。下界に猪苗代湖がよく見え、西に磐梯山、東に安達太良山がよく見える。

集合写真を撮り、暫く自由時間にし思い思い自然と対峙する。

15分ほどで下山を始める。途中、西大嶺を登らず雪の斜面をトラバースしリフト乗り場に向う。山頂から2時間程度で到着。ゴンドラに乗り駐車場に着き、荷物を整理し磐梯温泉に寄る。雨が降りだし運を感じる。

温泉後小雨の中、道の駅に寄り、時間調整したが早いので、猪苗代湖畔の駐車場に向い、現地の様子を見る。雨が降っているので、車を移動し高速に入り、五百川PAで夕食を摂り、朝まで車で寝る。

2/23 朝4時にスタートし東北道経由で安達太良サービスエリアで朝食を摂り9時過ぎに浦和に到着し解散する。

 

記録 Y・F



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.